計機健康保険組合

計機健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

宿泊助成のご案内

当組合では、保養施設の利用について宿泊助成を実施するとともに、他の健康保険組合の保養施設、その他個別の保養施設等と利用契約を結んでおります。
利用資格は、原則として被保険者および被扶養者の方です。利用方法等は各施設で異なりますので、下記をご参考のうえ直接お確かめください。
なお、宿泊助成の申請や保養施設の申込等によって得る個人情報は、その申請および申込等に関する目的のみに利用されます。

保養施設の宿泊助成

被保険者並びに被扶養者の保養施設の利用に対し、1人年(4月~翌年3月)3泊まで、1泊につき3,000円を限度として補助いたします。

【請求期限】宿泊施設等利用年度の翌年度6月30日。
なお、令和3年3月31日までの宿泊についての請求期限は、移行期間を含め令和3年6月30日までとなりますので、ご注意ください。

利用方法

  1. STEP1利用者が直接保養施設または、旅行代理店に予約します。
  2. STEP2保養施設(旅行代理店)で料金を支払い、領収書を受け取ります。
    領収書に、宿泊料金・人数・泊数が明記されていない場合は、料金支払先に明細書等を請求してください。

補助金請求

必要書類
(宿泊者全員を記入)
【添付書類】
  • 領収書の原本(施設利用の確認ができるもの)
  • 明細書等(領収書に、一人当たりの宿泊料金・人数・泊数が明記されていない場合)
  • 宿泊証明書(請求者の施設利用が確認できない場合)
  • ※小学生以下のお子様の補助金を請求される場合は、お子様の宿泊費等がわかる明細書を添付してください。
お問合せ先 保健事業課 03-3264-4338
備考
  • ツアーご利用の場合は上記添付書類と併せて日程表の写しを添付してください。
  • 海外のホテル利用の場合は領収書等を翻訳し、通貨名を記入してください。
なお、カードにて決済し実質日本円にて支払いを行った場合はカード利用明細(要原本証明)を添付してください。

補助の制限

  • 宿泊料金がかからない場合は補助の対象となりませんが、食事代がかかっている場合、食事代のみの補助をいたします。
  • 利用料金が3,000円に満たない場合は、その料金の範囲内での補助となります。
  • 会社の出張及び社員旅行等、またはお子様の学校行事等、保養を目的としない旅行については、原則として補助の対象になりません。

補助金対象外の保養施設

宿泊施設でない保養施設(例:キャンプ場のテント(グランピング含む)、夜行バス、寝台列車、24時間営業のサウナ、インターネットカフェ等)

(社)東振協・健康保険組合共同利用保養施設

詳細につきましては、東振協のホームページをご覧ください。
なお、保養施設の申込みにつきましては、当組合への手続きは必要ありませんが補助金の対象となりますので、領収書等は大切に保管してください。

東振協ホームページ

  • ※お問合わせの際は、予め「健康保険証」を手元にご用意ください

利用方法

  1. STEP1電話・FAX等でご利用になりたい保養施設申込先 (各保養施設の健康保険組合:共同利用保養所一覧) へお問合せください。
    その際 「東振協の共同利用保養所の申込み」 であること、計機健康保険組合の加入者であること、氏名、利用希望日、利用人数等を申し出て仮予約をしてください。
  2. STEP2仮予約後、予約先健康保険組合より 「保養施設利用申込書」 が送付されますので、必要事項を記入のうえ再度正式に提出(申込)をしてください。
  3. STEP3料金支払いは、各健康保険組合の支払方法にしたがってください。
  4. STEP4申込後に利用通知書・パンフレット等が送付されますので、利用内容及び注意事項を確認し、大切に保管してください。
  5. STEP5ご利用の際、利用通知書をフロントへ提出してください。

施設団体及び契約保養施設一覧

下記の団体の宿泊施設に直接、電話またはインターネットでご予約ください。URLをクリックすると詳細が表示されます。

ページ先頭へ戻る